FC2ブログ

2013年09月25日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆父の退院♪☆

最近、ずっーと、バタバタでした!^^;

先週父が、
「もう、家に帰りたい!」とダメもとで主治医の先生に訴えたら、
「そうか〜、半年おるもんな〜。いいよ!」と、いとも簡単に言われ、
退院が決まってしまったのです。


もし、調子が悪くなったら、すぐに大学病院に入院できる手配はできているのですが、
突然退院といっても、私達は不安だらけ。

まず、階段を登れるの?お風呂やトイレはできるの???

うちはけっこう古い家です。 段差もあるし、廊下も長い。


手すりがいるでしょう〜


想像がつきませんでしたが、とりあえず父が家で過ごせるように色々と
考えなければならず、廊下、お風呂、トイレに手すりを付ける手配をし、
知り合いの大工さんに、無理を言って付けてもらう事にしました。


先週は、大工さん、トイレに手すりを付けるのは水道屋さん、電気屋さん、壁紙屋さん。
そして、手すり等をつける手配をする為に、介護の認定する人達も来て、家の中は
ごったがえしていました。^^;





調べてもらったら、廊下は全部で16メートルもあったそうです。



久しぶりに、こっちの家に来ましたね〜♪


IMG_3690.jpg



昔の造りなので、廊下は少し長いんでしょうかね〜。

IMG_3699.jpg



こっちの家には、母が激愛している、猫ちゃんもいます。
私はとても可愛いですが、マッキーはアトピーだし、旦那もダイキも触った事がありません^^;


たまーにブラッシングしてあげますが、超〜〜〜可愛いんで、私にとっては癒しです。


19年くらい生きてるのかな?人間で言うともう90歳超え?100歳以上?


妹が、大学の時に拾って飼っていた三毛猫ですが、東京に行き、
飼えなくなったのでうちの家族になりました。


名前は、『ニャワン』



妹も、ふざけた名前を付けたものだー。
DSCF3437.jpg

今はここがニャワン専用の部屋になってます


ニャワンのえさは高級な美味しい缶です。

いいのも食べてるからか、100歳の割には良い艶だし、病気をした事がありません。
もちろん動物病院も行った事がないです。



いつの間にか、壁に猫用の通り道も作られていました。(笑)


猫の砂も毎日きれいにかえられ、何のストレスもなく可愛がられ、うちに来て、
本当に幸せな猫だと思います。




DSCF3432.jpgDSCF3438.jpg


ピアノの上には、ダイキの作った恐竜や、カブトムシが置かれていました〜!懐かしい





そんなニャワンの為に、余ったキルティングの布で冬用のお家を作ってあげました。
ハンガーをドーム型にして、ミシンでせっせと縫うこと30分。(形は自由自在です)


入ってくれるかな〜

DSCF3475.jpgDSCF3479.jpg


なかなか入らない・・・。^^;


でも、夜は少しだけ入ってみたようです。




DSCF3492.jpgDSCF3497.jpg




ただ、次の日、見に行ってみると、やはりいつもの定位置、マッサージ機の上に
ゴロンとしていました〜



にゃワン!   いつまでも元気に長生きしてね





あれー??? いつの間にか話がニャワンになってる〜(笑)


可愛いからね〜〜〜〜







ついでに、マッキーが毎日寝ている12帖ほどのお部屋です。


ここに昨日、介護用の電動ベッドが届きました。

買えば30〜40万するけど、月に1500円ほどで借りれるそうです。
一番安い電動ベッドなら、月500円のもあるそうで。

介護の人にお願いして、新品の一番高いベッドを借りる事にしました。



息子達は、仏壇の前にお布団敷いて、このお部屋で父と3人で1歳からずっとここで寝ています。


マッキーはこっちの方が居心地がいいみたい^^;

IMG_3694.jpg




息子達の落書きでと喧嘩で、ふすまも破れてボロボロで凹んでいたけど、
いつの間にかきれいになってる〜  知らんかった〜〜(笑)

IMG_3693.jpg



という事で、昨日父は家に戻ってきました。ほぼ1年以上の入院。


この間には、手術3回、たくさんの試練と苦しみ・・・大変でした。
85キロもあった大きな父でしたが、今は63キロです。でも丁度いいみたい〜^^;



まさか、本当に家に帰ってくる事ができるとは、・・・。
奇跡くらいにしか思えませんが、本当に良かったです。



昨日帰って来たときの父の一声は、
「早くマッキーと一緒に寝たいな〜♪ ダイキはいつ帰ってくるんや〜♪」でした。

マッキーは半年ぶりに父と一緒に寝ました。



リハビリの先生は、調子が良い日は、10メートルくらいは歩く事ができるし、
父が「息子達のサッカーを見たい!」と言い続けていた事を知っているので、

「どんどんサッカーに連れて行ってあげて下さい!30分くらいなら大丈夫です」
とOKもでています。

その瞬間、「先生〜、1時間くらい座っとれるってー!」って父は言い返していましたが〜(笑)


体が慣れた頃に、息子達の試合観戦に連れて行ってあげようと思います。




そして、退院を聞きつけた隣のおばあさんが、お祝いにお寿司を6人前も
届けてくれました〜

「近所にやらしいでー!」って、ベランダ越しにマッキーに渡してくれました。

本当に、いつもいつもうちの子がボール蹴ってうるさいのに...可愛がってくれます。

2人暮らしの老夫婦なので、何かあったらいつでもいいからすぐに電話してきて!と
携帯は教えてありますが、こっちがお世話になりっぱなしです。 


隣のおじちゃんとおばちゃんにもいつまでも元気でいてほしいです。







最後に、父の為に買っておいた、無印のセミダブルベッド。
急にいらなくなってしまったので、ダイキのベッドになりました〜♪


IMG_3679.jpg

今思ったけど、花柄お布団は、ちょっと似合いませんね〜(笑)



とりあえず、・・・ダイキ、マッキー。 よかったね〜

お見舞いに来てくださった方々、皆様にはたくさん助けられました。
本当に、感謝しています。 ありがとうございました。





さあ、仕事行ってきま〜す〜♪







ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。